• Facebookの社会的なアイコン

紫外線

太陽から届く紫外線は当然、窓ガラスも100%スルーしてしまっているものが現状でしょう。

窓にフィルムを貼り付けることで、紫外線をだいぶ緩和させることができます。

​年々強くなる紫外線

少し前であれば、真っ黒に日焼けして外で遊んでいる男の子を指さして、健康的でいいわねぇなどと言っておりました。

しかし、近年では紫外線における健康被害が強く訴えられるようになってきております。

私自身も昔はちょっと日焼けをしても、黒くなるだけで何も害などはなかったというのに、今では赤く水膨れができて痛い思いをするようになってしまいました。

​もはや楽観視していられる時代ではなくなってきてしまっているのです。

​室内に入る紫外線の影響

意外と知られていない紫外線の影響として、室内の様々な場所やものに悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか。

肌に当たれば当然、日焼け・シミ・そばかすといった肌トラブルの原因となるのですが、室内においては実は家具や床に至るまですべてのものが劣化してしまう原因となってしまうのです。

​ましてや、書類や本などが日に当たる位置によくおいてある場合には、ものすごい速さで劣化を招いてしまうことでしょう。

紫外線といえば言ってしまえば赤外線ですので、当たり続ければ劣化してしまうこともうなずけることではあるのですが、床が劣化してしまうということについて頭から抜け落ちていた方のほうが多いのではないでしょうか。

対策を練りやすくもあるのですが、都度対策を忘れてしまいがちになることも紫外線の嫌なところですね。

​紫外線99%カットの窓フィルム

紫外線は忘れたころにやってくる嫌なものです。

女性はともかく、男性であればつい忘れてしまって書類などをやられてしまったことがあるのではないでしょうか。

当店では、そんなつい忘れの紫外線被害を抑えることのできる窓フィルムを格安で取り扱っております。

​ご相談に応じてさらに割引も行わせていただきますので、まずはご一報いただければ幸いです。