• Facebookの社会的なアイコン

​飛散防止

窓ガラスは割れると飛び散ります。

​飛び散った破片や粉のようなガラスはケガや事故の元となり、様々な悪影響を及ぼします。

​割れると飛び散るのがガラス

ガラスが割れるとどうなるか、ご存知だとは思います。しかし、どのくらい困ったことになるかというと、上の画像のようにとても裸足で歩くことなどできはしないでしょう。

鋭利な刃物が、足元にたくさん転がっているのと同様の事態に陥ります。

​きれいに掃除をしたとしても、目に見えづらい(見えないわけではない)粉のようなガラスが残っていて、足が傷ついたなどいう経験をされた方は多いのではないでしょうか。

​地震災害で割れるガラス

地震や台風など、災害によるガラス割れは非常に危険な被害をもたらします。

ガラスが割れて足元に落ちれば鋭利な刃物が足元に。と前述しましたが、

もしも頭上から割れたガラスが降ってきたとしたらどうでしょうか。ちょっと触れただけで切れるような刃物が頭に落ちてくるのです。大量に。

地震災害も近年では頻繁に起きている中ででは、考えられない話ではありません。

上の画像では、左がフィルム無しのガラス右がフィルム付きのガラスになります。

何が違うかは一目瞭然ですね。左のガラスは割れて下に落ちてしまっています。

右のガラスは割れてはいますが、フィルムにより形状の維持・落下を防いでいます。

ガラス割れそのものは残念ながら防ぐことは難しいのですが、ガラスの落下を抑えることは

​可能なのです。

​フィルムで抑えるガラス被害

当店で取り扱うフィルムのほとんどがこの飛散防止の機能を備えております。

飛び散りを防ぐだけで非常に多様な被害を抑えることが可能となるのです。

ビルの窓ガラスなどには、つけて然るべきアイテムであることは言わずもがなでしょう。

近年では、だいぶ各地において都市化が進むなかでビルが立ち並ぶようになった地域も多くなりました。

ビルの足元を歩いている一般人を災害があったからと、割れたガラスが落ちてしまって怪我をさせてしまったなどということになったとしたら、どれだけの賠償が必要となるでしょうか。

まかり間違った仮定のお話ではありますが、地震・台風による災害が多くなってきている今では、残念ながらあり得ない話ではないのです。

現時点で、ガラスに対策をされていらっしゃらない方は一つご一考すべきであると提案させていただきます。

​当店では格安でフィルムの提供を行わせていただいております。ご相談に応じての割引などもご用意させていただきますので、まずは1本ご連絡ください。